NTT労組新聞 東日本本部版
東雲
2014年10月4日
実りの秋。北海道の旭岳では…(佳)

実りの秋。北海道の旭岳では初雪を観測。同日に関東は30度を超える陽気。南北に長い東日本、寒暖差はあるが、今年の秋は長いような気がしませんか?◆ここ数年、夏が終わったと思ったら、すぐに冬みたいな印象だったが、今年は過ごしやすい気候が続き、夏から秋への移ろいも穏やかに感じられる◆一方、NTT東日本を取り巻く環境は「光コラボレーションモデル」の公表や減耗・多様化する人員状況をふまえた業務運営への対応など、働き方への変化も想定される。スピードの速い時代だが、変化は穏やかで、かつ実り多きものになってほしいもの◆これから晩秋、初冬へと季節の移ろいは速まっていく。私たちにも寒暖差に対応する気構えが必要である。(佳)

このページの先頭へ