NTT労組新聞 東日本本部版
東雲
2014年5月24日
「皆さんこれが最後です…」(弘)

「皆さんこれが最後です。さようなら、さようなら」◆北海道稚内市の高台にある石碑に刻まれた、9人の若い女性交換手たちの最後の言葉だ。この樺太・真岡郵便局の悲劇を含め、ソ連軍の侵攻による樺太の民間人の死者は3700人と言われ、沖縄とともに国内で行なわれた数少ない地上戦の地だ◆6月から「平和行動強化期間」がスタートする。東日本本部は、「ピースリレー・北海道行動」を稚内で行ない、戦争の事実を現地で学び、次代に語り継ぐ取り組みを展開する◆安倍首相のもと、集団的自衛権の行使容認の論議が進められているが、平和カンパの取り組みや平和四行動の取り組みを通じ、平和の尊さや命の重さを見つめなおす期間としたい。(弘)

このページの先頭へ