NTT労組新聞 東日本本部版
東雲
2013年12月7日
ちまたでは、ヒット商品や…(て)

ちまたでは、ヒット商品や流行語大賞など1年を締めくくる話題で盛り上がり、いよいよ2013年も終わる◆今年を振り返るとさまざまな出来事があり、職場も変わったことから、あっという間の1年だった。また、今年は後厄だったが、大きなケガや病気もなく過ごせたのは、幸せだったと思う◆しかし、厄年が過ぎたとしても何が起こるか分からない。さまざまなリスクに備えることが大事で家族の安心と安全を優先しつつ、「自分自身の安心・安全(マイセーフティー)」を考えることも家族の安心と安全につながると思うこのごろ◆来年も元気で過ごせるよう健康に気をつけながら、2014年の各種取り組みのスタートダッシュに向け、準備を進めたい。(て)

このページの先頭へ